子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 間取り図を考える > 間取りの影響考えてみませんか! 子ども編

間取り図を考える

間取りの影響考えてみませんか! 子ども編






間取りが家族にどんな影響を与えるか、大きく分けて3つあります。

今回は子どもに与える影響について、気をつけることをお話ししていきましょう。

子ども部屋についても、よく聞く話と実際の話しが食い違っていることが多くあります。

あなたは 「子どもが大きくなったら子ども部屋が欲しいはずだ」 つい、そう思いますよね。
大体、お子さんに向かって、「子ども部屋欲しい?」 って聞いたら、
多分答えは 「うん♪」 でしょう。

そこで大切なことは、 「最終的に、家族がどんな暮らしを送りたいのか?」 
を夫婦がよく話し合うことです。

よくある傾向として、人は目先のことばかり考えてしまいがちです。 

子どもの受験なんかもそうですね。
最終的にその子にどんな人間になって欲しいのか。 あくまで、親の考えですよね。 
決して、その子自身には焦点が当たっていないわけです。

子供部屋もそうです。

あなたが、お子さんが将来何か困ったことがあった時に、相談に乗ってあげられるような親に
なりたいと思っているのなら、日頃からお子さんと同じ空間で過ごすようにしなければなりません。
子どもはいつも一緒にいない人に自分の悩みを話すことができないからです。

例え、親子であってもそうですね。

そこで、「何を重要視するか」 の優先順位が分かってくれば、家族が集まる快適なリビング、
パパとママがニコニコしながら話を聞いてくれるリビングを作ることではないでしょうか。

しかし逆に、ご飯を食べ終わったらすぐ子ども部屋にこもってしまうような環境にしてはいけません。



住まい生活Topへ