子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 間取り図を考える > 間取りの影響考えてみませんか! 年輩編

間取り図を考える

間取りの影響考えてみませんか! 年輩編






間取りが家族にどんな影響を与えるか、大きく分けて3つあります。
今回は年輩に与える影響について、気をつけることをお話ししていきましょう。

ご年輩の人たちが遭遇する問題についてです。

部屋の中を見回してください。 落ちてきそうな箱や物。 タンスの上にはいつから置いてあるのだろうと思う物もありますね。

ご年輩の方にとってはなかなか手が出しづらい所ですね。
地震対策についての解決策は、備え付けの収納をおすすめします。

例えば、壁一面が収納になっていたりすると、物が落ちてくるというような危険性は大幅に
減りますね。

しかし、「そうはいっても、収納をつけると部屋が狭くなる」 と言われるかもしれません。
そうですね。 でも少し考え直してみてください。 今あるものは捨てない限りは新しい住まいに
持ち込むことになります。

収納場所がなければ、棚になる家具を置いたり、新たに買ったりしなくてはなりません。
そのスペースは想像以上に取ってしまいます。 そしてまた、その上に物を置くことに
なりませんか。 

どちらが安全ですか?

限られた予算の中で最良の住まいを手に入れようとする方がほとんどです。
そうすると、優先順位が大切になってきます。

せっかく新しい住まいを建てるのですから、あなたが大切にしたいことを、優先できるにこしたことはありませんね。

また、あなたの中の優先順位を確認していくうちに、今まで大切だと思っていたスペースが、
実は必要がなかったと分かるケースもあります。

であれば、その分のスペースを備え付け収納に振り分けることもできます。

いずれにしても、あなたがどんな住まいを建てるにしても、
あなたが、そしてあなたの家族がその住まいでどんな暮らしを送るのか」 が、
一番大切です。

そして、幸せな住まい生活を手に入れてください。 心よりお祈りします。



住まい生活Topへ