子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 快適な住まい生活とは… > 快適な住まい生活とは・・・ 断熱と換気の関係

快適な住まい生活とは…

快適な住まい生活とは・・・ 断熱と換気の関係






快適でくつろげる住まいとは、夏涼しく冬暖かいことですね。
そのためには、冷暖房の効率を上げる断熱性が一番重要になってきます。

断熱性能を上げるには、断熱材を使う方法が一般的です。

断熱材にはいろいろなタイプがありますが、大切なことは家を包みこむように、床下・外壁・天井裏にすき間なく入れることです。

せっかく性能の良い断熱材を使っても、あちこちすき間だらけでは、そこから熱が逃げたり入ったりします。

住まいの断熱性や気密性をあげたら、次は換気に気をつけましょう。
家の中に空気を閉じこめたままだと、湿気や汚れがこもってしまいます。

すると、病気の原因になったり、ダニやカビを発生させたりします。

建築後の住宅において、近年問題になっている、建築材料や家具、日用品から発散する化学物質による室内空気の汚染が「シックハウス」の原因になります。

そこで、平成15年に、建築基準法の技術的基準が施行されました。
「24時間換気システム」もそのうちの一つです。

24時間換気システムは、基本的には『各居室に給気ファンを設けて新鮮な空気をとりこみ、トイレや脱衣室に設けた排気ファンより、汚れた空気を排出する』方法です。

これにより、24時間家の中に空気の流れをつくります。


家が欲しい!でも失敗はイヤ、損もしたくない方に!


住まい生活Topへ