子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 快適な住まい生活とは… > 【環境月間特集】建設時の排出分も回収/ハウスメーカーの取り組み

快適な住まい生活とは…

【環境月間特集】建設時の排出分も回収/ハウスメーカーの取り組み






高気密・高断熱仕様による高い省エネ性能から一歩進み、再生可能エネルギーを活用することでやむなく排出してしまうCO2を実質ゼロに近づける住宅の開発が相次いでいます。

 

先駆者であるミサワホームは、年間のエネルギー消費と発電エネルギーの収支をゼロにする『 ゼロ・エネルギー住宅』 を開発、販売してきましたが、このほど、生活に必要なエネルギーのみならず、建設時に発生するCO2まで回収できる 『次世代型ゼロ・エネルギー住宅』 の開発に着手。 北海道・旭川に試行棟が完成しました。

ゼロ・エネルギー住宅 』 とは 「年間に必要なエネルギーを上回るエネルギーが太陽光発電で得られる」 住宅です。

さらに 『 次世代ゼロ・エネルギー住宅 』 ではこれまで以上に高効率なエネルギー利用を可能にし、建設時のCO2まで回収することで、ライフサイクルエネルギー収支もゼロ以下にする、まさにこれからの時代に求められる環境性能の高い技術を盛り込んでいます。



積水ハウスは、 家庭生活でのCO2排出量を大幅に削減し、クリーンなエネルギーを利用することで相殺してほぼゼロになる『CO2オフ住宅』 をつくりました。


名前の通り 『CO2(二酸化炭素)オフ住宅 』は、太陽電池と燃料電池で自家発電をして家庭の電力をまかなうことで、二酸化炭素を削減できるというものです。


トヨタホームも実質CO2ゼロを実現できる環境配慮住宅の提案を本格化させました。
住まいづくりを通じて、環境に配慮した取り組みを進める、トヨタホームは、「 長く住める家は、環境にいい家 」 という考えに基づいて、住まいづくりに取り組んでいます。

また、生産現場や施工現場においても、CO2排出や廃棄物の低減化を推進し、地球への負担を減らせる家づくりを実践しています。



住宅メーカーに共通するのは 「住宅供給者が温暖化対策に果たす役割は大きい」
という考え方です。

いよいよ、住宅業界は新・環境競争の時代に突入しました。



住まい生活Topへ