子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 地震に強い住まいづくり > 地震に強い家をつくるには 「地盤」

地震に強い住まいづくり

地震に強い家をつくるには 「地盤」





日本列島は、いつどこで地震が起きても不思議ではありません

阪神大震災、新潟中越地震、石川県能登半島地震、東日本大震災
と、続いています。

残念なことに、地震による家屋の倒壊、
そして多くの死傷者が出ました。


もちろん既に築年数の経った家に
被害は集中していますが、

新築の住宅でも地震に強い家と
そうでもない家があります。

免震装置、制震装置など高価な費用を
かけなくても基本的な設計などでも、
より地震に強い家を造ることはできます。

ではどんなことに気をつけていくべきか?
これから何回かに分けてご紹介していきます。


「地盤」

当然のことながら地震の際には地盤が大きく動き
その結果、そこに建つ建物が大きく揺れます。

つまり、どんなに頑丈な建物も
それを支える地盤が軟弱であれば
なんの意味もありません。

この様な地盤の上に建つ場合には、
強固な地盤の建物に建つ場合とは異なり
基礎の下にそれなりの補強を施す必要があります。

地盤調査によって地盤の性質を
はっきりさせなければなりません。



住まい
Top