子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > リフォーム

リフォーム





構造リフォーム


現在、リフォームといえば、内外装・インテリア・水周りなどのリフォームがほとんどで、
耐震リフォームへの対応は非常に遅れています。


現在の新耐震基準(昭和56年に施行)の適用以前に建てられたものは、1000万戸以上ある
といわれます。

「構造リフォーム」詳細はこちら

耐震強度不足の既存住宅


住宅土地統計調査をみると、居住している住宅約4700万戸のうち新耐震基準(昭和56年
に施行)の適用以前に建てられたものは、全体の37.6%で、1700万戸以上を占めています。

 

「耐震強度不足の既存住宅」詳細はこちら

耐震リフォームの基本は壁補強


国土交通省も住宅の耐震化の重要性を言っていますが、耐震リフォームはなかなか進んでいないのが現状です。

「耐震リフォームの基本は壁補強」詳細はこちら

国土交通省の耐震リフォームへの取り組み


国土交通省は、いままで置き去りされてきた既存建物の構造部分のシロアリ被害、腐朽などに
よる劣化をリフォームし、耐震性・耐久性向上という問題に取り組んでいます。

「国土交通省の耐震リフォームへの...」詳細はこちら

「フスマ」の耐震壁倍率が2.5〜3倍で命を守る


住宅の耐震化リフォームは、費用がかかることもあってなかなか実需には結びついていません。

しかし、こんな提案も大変ユニークな発想ではないでしょうか。

三重大学の川口淳准教授とオノケンエコシス(株)が共同開発したものです。
 

「「フスマ」の耐震壁倍率が2.5...」詳細はこちら

耐震リフォームはなぜ動かないのか!


国土交通省も住宅の耐震化の重要性を言っていますが、耐震リフォームはなかなか進んでいないのが現状です。

「耐震リフォームはなぜ動かないの...」詳細はこちら

高齢化社会とリフォームの必要性


今後少子高齢化が進んでいきますが、将来ますます高齢者の世帯数が増加していく傾向に
あります。 その中で一人暮らしの高齢者の方が増えることが予想されています。

「高齢化社会とリフォームの必要性」詳細はこちら

5.000万戸の住宅リフォーム需要


今、住宅リフォームの関心が高まって、テレビでもリフォーム番組の視聴率が
非常に高くなっていますね。

「5.000万戸の住宅リフォーム...」詳細はこちら

備えあれば


内閣府 地震防災調査では、5割の住宅が耐震化せず 「阪神・淡路」 教訓
が生きていません。


「備えあれば」詳細はこちら

地震!!わが家は大丈夫?


日本列島は頻繁に地震の起こる 「地震列島」 です。
地震はいつ起こるか予測がつきにくく、ひとたび地震が起こるとその被害は甚大です。


「地震!!わが家は大丈夫?」詳細はこちら

わが家の耐震診断を!


阪神・淡路大震災では、家屋の倒壊等により多くの尊い生命が犠牲になりました。
この被害から、地震に弱い家屋の実態が改めて明らかになりました。

「わが家の耐震診断を!」詳細はこちら

リフォーム事業者の選定 「工事の質・技術」 を重視


住宅リフォーム推進協議会(東京都千代田区)は2008年3月、「07年度住宅リフォーム実態調査報告書」を発表しました。

それによると、 一戸建て住宅やマンションのリフォーム事業者選びに際し、「工事の質・技術」 
を重視する傾向が強まっていることが分かりました。

「リフォーム事業者の選定 「工事...」詳細はこちら