子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > リフォーム > 高齢化社会とリフォームの必要性

リフォーム

高齢化社会とリフォームの必要性






今後少子高齢化が進んでいきますが、将来ますます高齢者の世帯数が増加していく傾向に
あります。 その中で一人暮らしの高齢者の方が増えることが予想されています。

高齢者の世帯数が増加することになっても、新築住宅を建てることは資金面からも非常に
難しい問題です。


そこで、現在住んでいる住まいを、高齢者が住みやすいようにリフォームをする、ということが
必要になってきます。



高齢者の住まいの問題点は


 ・手すりの必要性
 ・段差のある廊下、室内
 ・車椅子など通れる廊下などの広さ
 ・階段の上り、下り
 ・バス・キッチン・トイレ・洗面台などの設備

以上が問題点としてあげられます。

国土交通省の住宅市場動向調査によると、これらの点について現在「住宅のバリアフリー化が
どの程度進んでいるのか?」
という結果報告では、「注文住宅」 を建てた方はバリアフリーに
関する意識が高く、バリアフリー化が進んでいます。


また、「分譲住宅」 を購入された方も同様に意識が高く、バリアフリー住宅を手に入れられて
います。


しかし、「中古住宅」 の購入者は、バリアフリー化率が低くなっています。 リフォームで問題
を解決されている方が少ないようです。


高齢になってのリフォーム工事は、資金面でなかなか難しいのが現状かもしれません。

自分たちの将来のことを考えて、今からでもできる所からやってみてはいかがでしょう。
 


住まい生活Topへ