子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > しつけ > 「知育玩具」 は、早いほうがいい?

しつけ

「知育玩具」 は、早いほうがいい?






: 子どもには早い時期から、文字や数字が覚えられるようなオモチャを与えた方が
いいのでしょうか?
 

(ブログ・日記・SNS・リサイクル・悩み相談ピジョンが育児をサポート!)

 

: 親にとって、子どもが遊びながら文字や数字を覚えられるというというのは魅力的ですね。
自分の子にも早くから与えてやりたい! と思うのが本音でしょう。

これらは「知育玩具」と言い、幼児や児童の知能的発達の促進、学習の助けになるオモチャです。

「教材」 が知識を増すために用いられるのに対し、「知育玩具」 は考えることや表現することから知能の発達、情操教育に至るまで様々な影響を与えることを目的としています。

このようなオモチャは、子ども自身が興味を持ち遊びたいと思うものであれば問題ないでしょう。

しかし、ここで気をつけて欲しいのは 「少しでも早くから勉強させたい」 という親のエゴで、子どもに押しつけていないかということです。

幼児にとって、日常生活は常に学習です。
しかし、年齢に関係なく興味のないものを学ぶほど苦痛なことはありません。

まずは、子どもにとって興味のあるものから与えてみましょう。



住まい生活Topへ