子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > しつけ > 小学生になったのに落ち着きがありません

しつけ

小学生になったのに落ち着きがありません






: 小学生になったばかりの男の子ですが、落ち着きがなく道を歩いていてもすぐ飛び出したりします。 いくら怒っても直りません。 どうしたらいいのでしょうか?

 

: こんなとき、ほとんどの親は 「ダメ!危ないでしょ!」 と言って怒ります。
そして、手の早いパパやママは感情的になって、ついつい頭を 「ポカリッ」 と
たたいてしまいます。

でも、どんな場合でも子どもをたたいてはいけません。
感情的に怒ると子どもは 「どうして叱られたのか?」 という大切なことを忘れてしまいます。

こんなときは、「怒る」 より 「言い聞かす」 ことです。

しゃがんで子どもの目を見ながら、厳しくはっきりと 「道路に飛び出すと車にひかれて
危ないのよ!」 と言います。
そして、「あなたが車にひかれてケガをしたり、死んだりしたら悲しいのよ! 
だから、いま叱っているんだよ」 と親の気持ちを伝えます。

そうでないと子どもは 「いけないことをするボクが嫌いだから怒るんだ」 と思ってしまいます。

親はあせらなくても大丈夫です。
ちゃんと言い聞かせると、子どもは落ち着いて行動するようになります。


『ブログ・日記・SNS・リサイクル・悩み相談ピジョンが育児をサポート!』


住まい生活Tpoへ