子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 光熱費 > 電気とガスをうまく使い分けしましょう

光熱費

電気とガスをうまく使い分けしましょう





料理をつくる分量によっては、ガスコンロを使うよりも、電子レンジを使う方が、光熱費の節約に
なります。
ブロッコリーやほうれん草などをゆでるとき、二人分程度の少量なら、ガスコンロでお湯を沸かしてゆでるよりも、電子レンジを使う方が光熱費がお得です。

その上、鍋など洗い物もへるので、水道代も節約できます。
家族が大人数のときとか、大量につくっておきたいときの、ゆで物は電子レンジよりもガスコンロ
を使った方が経済的です。

煮物など長時間ガスを使う場合は、圧力釜を利用してなるべく短時間ですむようにします。
そのとき鍋は、底の広いものを使い、鍋底についている水滴は必ずふいてから火にかけましょう。
ガス代の節約になります。

また、ガスレンジは連続して使うようにすると、すでにレンジ内が温まっているので熱効率が
あがります。

ゆで卵を作るとき、ふつうは沸騰したお湯に卵を入れて10分〜15分ほど沸騰させますが、
これもお湯が沸騰した後、卵を入れ鍋のふたをして火を止めて、30分ほどそのまま置けば
できあがりです。
これでガス代も15分ぶんもお得です。


住まい生活Topへ